セレナにクリスタルキーパーを施工させて頂きました。

施工事例からのご紹介です。

新車の納車前にダイヤモンドキーパークリスタルキーパーを検討してくださっていましたが、納車された時にディーラーさんで既にコーティングされていたので、その時はキャンセルとなっていました。普段、お手入れはさせて頂いていましたが、やはり水シミの固着は防げず、今回、水シミの除去も含んでクリスタルキーパーをコーティングする事となりました。

キーパーコーティングの大きな特徴の一つとして水シミの固着を防ぐというものがあります。ダイヤモンドキーパー、クリスタルキーパー、もちろんダブルダイヤキーパーも表層にはレジン皮膜がコーティングされており、水シミを防ぐ事が出来ます。

水シミが固着しないコーティング構造

水シミはガラスと水道水などのミネラル分が結合、固着して出来てしまいます。
一般的なボディガラスコーティングはガラス層だけで出来ているのでこの水シミの固着は防げません。水シミはボディガラスコーティングの宿命的な弱点です。

ですが、全てのキーパーコーティングは表面の層を有機質なレジン皮膜にする事でその弱点を克服しています。

クリスタルキーパーも2層構造のボディガラスコーティングです。

今回、軽研磨でボンネット、天井の水シミ除去を試みましたが全部は除去できませんでした。
完全な水シミ除去にはリスクが伴います。
塗装に固着した水シミは塗装の奥にまで浸食している事が多く、磨きで除去するには塗装の厚みを減らさなければなりません。

オーナー様、今回は時間の都合上、軽研磨にとどめていますが、どうしても気になる場合は水シミ除去の磨きをご検討ください。
塗装の厚みと水シミの深度を見ながらの磨きとなりますので、完全に消せるかどうかはやってみなければ分かりません。

しかしながら水シミの固着防止にキーパーコーティングは断然おすすめです。

今回のクリスタルキーパーの施工でボディはピカピカになり、水シミは軽減でき、防止する事が出来るようになりました。
セレナにクリスタルキーパー施工 セレナにクリスタルキーパー施工

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹専務/株式会社ヤスカワ

キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの専務。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは専務ですが現場でバリバリ働いています。