水しみでお困りのお車もお任せください|ダイヤモンドキーパーでつるつる

新車から4年半ぐらい経過したマツダのアテンザです。

元々ディーラーさんでボディガラスコーティングが施工されていましたが、水シミが多くてどうにかならないですか?とインターネットを見てご来店してくださいました。ディーラーさんで相談すると、専門店で磨いてもらわないとキレイにならないですね。と言われたそうです。確かに、水シミ、雨シミがボンネットと天井を中心に多く付着していました。

オーナー様と相談の結果、研磨メニュー(軽研磨)が標準でついているダイヤモンドキーパーを施工する事となりました。

水シミ

古いコーティング被膜を除去した後に撮影したボンネットの塗装面

さっそく作業に取り掛かり、古いコーティング被膜を除去してみると、塗装面にも水シミがクレーター状に浸食していました。軽研磨でこのクレーター状になった水シミを完全に消す事はできません。これを完全に消すには塗装をあるていど削り取らなければなりません。復元鏡面研磨というメニューです。そうすると塗装が薄くなり今後、艶が落ちて来る可能性がありました。なので、出来る限り塗装面を軽研磨で平滑にして水シミを見えにくくする磨きを心掛けました。
そうする事で肉眼ではほとんど水シミを認識できないレベルまで磨く事が出来ました。

こちらが研磨後。

こちらが研磨後。水シミはほとんど見えません。

そして、仕上がった全体像はこのような感じです。

ダイヤモンドキーパーでガッチリコーティングされましたので今後のお手入れもラクになります。水シミも付きにくくなり、ついたとしても簡単に除去する事が可能となります。

アテンザ

ダイヤモンドキーパー

他メーカーのコーティングとキーパーコーティングのダイヤモンドキーパーとは何が違うの?とよく聞かれます。一番の違いは2層構造のハイブリッドコーティングである事でしょう。表面の被膜を入れ替える事が出来るので簡単にこの写真のような施工時に戻す事ができます。水シミが出来にくいという点でも秀でています。

さらに言うなら、専門店なので施工後のどのような汚れにも対応可能です。困った時の助けになります。だからいつまでもキレイに乗り続ける事が出来るんです。

コーティングをやったら終わりというのではなく、ずっとキレイに乗り続けることが出来る仕組みとしてもご支持をいただけています。

オーナー様に仕上りをご確認いただくと「おー、キレイじゃん♪」とご満足いただけたご様子でした。普段は屋外駐車だから水シミが付きやすいと気にされていましたが、これで水シミは付きにくくなります。ついたとしても表面のレジン被膜を入れ替えるメンテナンスをすれば元通りキレイになります。

オーナー様、このたびはご利用ありがとうございました。次回、点検洗車でのご来店お待ちしております。

以下、施工写真です。美しい仕上がりをご堪能ください(笑)

アテンザ

DSC_0022_661

DSC_0031_668

DSC_0029_666

DSC_0028_665

DSC_0027_664

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

コーティングはセットでお得!

フルコース
完璧を追求したフルコースは、「カー・コーティング」・「アラカルト」・「車内清掃」、外も中も一度ですべてキレイにしたいお客様におすすめです。
フルコースはおトクなセットメニューとなっています。 各商品を単品でご注文いただくより、リーズナブルな価格でご提供させていただいております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA