ダイヤモンドキーパーBメンテナンス|コーティング被膜の強化にどうぞ

ダイヤモンドキーパーのコーティング被膜は下の図のようになっています。

diamondImg1

塗装面の上に密度の高い強固かつ柔軟なガラス被膜が塗布され、2層目にはガラス被膜を守り、深い艶を演出するレジン被膜が塗られています。これらがダイヤモンドキーパーのハイブリッド構造の被膜です。

ダイヤモンドキーパーのメンテナンスは半年~1年に1回が目安です。

ダイヤモンドキーパーのAメンテナンスはレジン被膜を入れ替える事です。

通常のカーコーティングには無いメンテナンスの方法です。

それと、もうひとつのメンテナンス方法「Bメンテナンス」

これはレジン被膜を入れ替えるだけでなく、ガラス被膜を上塗りするというメンテナンスです。

そうする事によってさらに強いコーティング被膜が出来上がります。

発色も良くなり、艶もアップします。

先日、車検と一緒にこのダイヤモンドキーパーBメンテナンスをアウトランダーにさせて頂きました。

DSC_0824

2年ぶりのメンテナンスです。

洗車キズやはっ水の落ちもありましたが、みごとに真っ黒でぴかぴかボディになりました。

DSC_0826

 

これだけキレイになると、また愛着を持って乗れますね!

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

過剰なまでの美しさEXキーパー

新車を超える艶。息を吞む、過剰なまでの美しさ
EXキーパーは、塗装の上に透明なベールを纏ったような、
それはもう「過剰(EXCESS)と呼ぶほどの圧倒的な艶を作り出しました。
車の塗装が持っている美しさを引き立てるだけでなく、
コーティング自体が存在感を持つ、車史上初めての美しさです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA