黒い車はお手入れが大変」と、よく言われます。

確かに。

洗車をすると直ぐに洗車傷が目立ってしまいます。水シミが出来やすいし、虫や鳥のフンも付着してシミになると目立ってしまします。ボディガラスコーティングをしても、ガラス被膜だけのコーティングは水シミが出来て洗車キズがたくさんつくと白っぽくなってしまいます。

こんなに大変なのにどうして黒い車に乗りたいのか?

アルファードにダブルダイヤキーパーBメンテナンス

メルセデスベンツCクラスにクリスタルキーパー施工

 それは「黒いボディの車はキレイにすると一番キレイになったと感じる事ができるからではないでしょうか?」

キレイに手入れされた黒い精悍なボディは最高に格好良く美しいものです。黒い色の車は一般的に一番人気であり、車を手放す時に査定でほかの色よりも高価に買い取ってもらえる色なんです。私も大好きなカラーです。

 このカッコいい黒い車にいつまでもキレイに乗りたいものです。
ですが、このままキレイに維持管理するのが大変!と思いますよね。黒だけが特別汚れる色なのかと言うとそうでもありません。水シミや洗車キズはどんな車にも入ってしまいます。違うのは、目立ってしまうという事。だからいつまでもキレイに乗ろうと思うなら他の色の車より丁寧に、気を付けてお手入れする必要性があるのです。

黒、濃色系の車には必ずコーティングを!

洗車キズ

洗車キズ

そのお手入れの仕方をお話しする前に黒の車には何らかのコーティングをされる事を強くおススメします。

キーパーコーティングピュアキーパークリスタルキーパーダイヤモンドキーパーは特におススメです。(宣伝です(笑))
すでにコーティングされている方も、していない車に比べるとお手入れのラクさが全く違います。もし、洗車傷が薄くついたとしてもコーティング被膜が犠牲となってくれるので直接塗装が傷む事はありません。

コーティングを塗り替えれば、もしくはメンテナンスをすれば洗車傷も見えなくなります。深めの洗車キズも目立たなくなります。

洗車方法

洗車の方法としては、やはり手洗い洗車が一番良いでしょう。

黒の車を洗車機に入れてしまうと、もう大変。洗車機のブラシがであろうとスポンジであろうと、砂などのホコリがついたままバチバチブラシで洗ってしまうと洗車傷がいっぱいできてしまします。

自分で洗ったとしても間違った洗い方をすれば洗車機以上に傷をつけてしまいます。

 正しい洗い方丁寧に洗うのが黒い車をキレイに乗るコツです。

カンカン照りのお天気は洗車にはNG

洗う時間帯、気温も重要です。熱い真夏のお昼時などは絶対に避けてください。気温の低い日や時間帯に洗いましょう。夕方や曇りの日、直射日光の当たらない屋根のある場所での洗車がおすすめです。冬は昼間でも太陽の光が弱いので大丈夫です。夜に洗う人もいますがキレイになっているのかどうか分かりませんよね(笑)

晴天こそ洗車日和とおもわれがちですが本当は曇り空の方が洗いやすいんです。

洗う手順

洗う前には水道水をかけてボディを冷ましましょう。そして砂埃はその時の水流で出来るだけ洗い流しましょう。
高圧洗浄機があればベストですが無ければ水道ホースの先から強めに水をかければOKです。

コーティング専門店のカーシャンプーとスポンジ、キーパークロスがセットになった洗車セットです。

コーティング専門店のカーシャンプーとスポンジ、キーパークロスがセットになった洗車セットです。

洗車に使うシャンプー洗剤は中性のものを使用すると塗装に優しいです。バケツにしっかりを泡を作って、それをスポンジですくってあらいます。

暑い日はワンパネルごとにスポンジで洗っては水を流し、を繰り返すとシミになりにくいです。

泡で洗った後は必ず水で洗い流し水滴は柔らかいマイクロファイバーなどのやわらかく吸水性の良いタオルで拭き取ります。この水を拭き取る作業はとても大切です。洗って水が残ったまま放置すると水シミの原因になります。

その他にも色々とキレイにするポイントはありますが、大体これくらいの事を守って洗車されるとキレイに洗えます。 

正しい洗車の仕方の例をこちらでまとめていますので参考にしてください。

黒いボディの大敵洗車キズを減らすには

DSC_0351黒いボディのお手入れで困る事。それは洗車キズが目立つという事。それらを皆無にする事は物理的に不可能です。ですが、なるべく洗車キズをつけずに洗う事は可能です。

洗車キズのつくメカニズムを考えると、どうすればキズが付かないのかが見えてきます。

キズと言っても塗装が無くなってしまう傷とは違い表面だけが擦れて黒いボディが白っぽく反射してしまう事を洗車キズと言います。この洗車キズ、文字通り洗車の時に付きます。直接塗装に付くものとワックスやコーティングの表面が擦れて付くものとがあります。いずれにしても塗装より固いものがタオルやスポンジで擦れてついているものです。

塗装との摩擦で洗車キズはついてしまうのです。

ラ・モップ

オーストラリア産羊毛100%で出来たラ・モップ

その摩擦を減らせれば洗車キズは減ります。そのためには道具にも気を配らなければなりません。洗車スポンジはキレイなものを使いましょう。ムートンの洗車専用モップを使うのも良いです!これらは砂ぼこりや汚れをスポンジやムートンの内部に取り込んでキズが付くのを防ぎます。

も摩擦軽減の大切な役割を果たします。

泡で摩擦係数を減らす事で滑りの良い洗いが出来ます。黒い車は泡とスポンジ、泡とムートンで優しく洗うのがポイントですね!これは予備洗いとして大きな砂ぼこりを水流で洗い流してからの話です。洗車の手順は大切ですよ!最初から濡れタオルでボディを拭くと一発でアウトです。

キーパークロス

超極細繊維(マイクロファイバー)でやさしく汚れをかき取り拭き上げます。

仕上げに拭き上げるタオルはガサガサの乾いたぞうきんのようなものを使わないでくださいね。使うのは柔らかい吸水性の良いタオルですよ!

究極の洗車は水も違う!

ご自宅で洗車するのにここまで求める事は難しいかもしれませんが、水道水ではなく純水を使って洗う(濯ぐ)という方法が洗車にとってはベストな選択です。使う水でも洗車の仕上がりは全然変わって来ます。

例えば極端な話、白い絵の具の混ざった水で黒いクルマを洗ったら・・・とイメージしてください。

 どうですか?いくら水を拭き取っても白い絵の具が残ってスッキリしない仕上がりになる事は容易に想像できると思います。

それは水道水も白い絵の具の混ざった水ほどではありませんが、純粋なH2Oではありません。カルキやミネラル分が多く含まれた不純物を含んだ水です。その水で洗っているのだからいくら洗ってもスッキリきれいにはならないですよね。

私達も昔は水道水だけで洗っていました。しかし、純粋な水、H2Oだけの水、純水を導入してから劇的に洗車の仕上がりが変わりました。もちろん、良い方にです!そのまま純水が乾いても白っぽい水滴のあとが残らないのです。このような純水を使う事が黒いクルマの洗車にとってはベストです。

地下水、井戸水で洗車をされている方もいると思います。人間の体には良いきれいなミネラル分を多く含んだ地下水も車の塗装にとっては、良いものではないのです。水シミの原因にもなります。かけっぱなしにするなどもっての他です。これは水道水でも言える事です。ご注意ください。洗車をしたら必ず水滴を拭き取る。これは絶対守りましょう。

プロの洗車を利用するのもあり!

面倒だし、一日もかけて洗うのは大変。プロに洗ってもらった方がラクだしキレイになる!という方はぜひキーパープロショップ林堂(はやしどう)SSで洗車を頼んでください。

きっちりキレイにお客様が満足のいく仕上がりをご提供致します。

ひとり言

洗車の最後の拭きあげに、純水で濡らしたキーパークロス(マイクロファイバークロス)を固く絞って使うと、スッキリきれいに仕上がります。これ裏技です。ホント、ラクですから、やってみてください。(冬は水分が乾きにくいので普通に拭く方が良いかも)

少量の小分けした純水ならスーパーやインターネットでも市販されています。洗車に使う純水は大量ですが、最後にクロスを濡らすぐらいならペットボトルで十分ですよね。

でも、キーパープロショップ林堂店には大量の純水がありますよー(笑)
いつでも洗いに来てくださーい(^^)/

長文、最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹専務/株式会社ヤスカワ

キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの専務。

サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは専務ですが現場でバリバリ働いています。