最新の新車も40年以上経った旧車もプロショップにお任せ

対照的な2台のお車のご紹介です。

1台目は新車の三菱アウトランダーPHEVです。

アウトランダーにはダブルダイヤキーパーをコーティングさせて頂きました。
時代はどんどんエコになって行きますねー。ディーラーさんの四半期の決算月となる9月には毎年多くの新型車が入庫してきます。今年も例年以上に新車コーティングのご予約が増えています。

ダブルダイヤキーパーは2層のガラス被膜とレジン被膜からなる3層構造の高性能ボディガラスコーティングです。ダイヤモンドキーパーの2倍の厚み、2倍の輝きです。汚れにくさも秀逸。新車に施工するとその効果も絶大です。

この艶にオーナー様にもご納得の様子でした。

アウトランダーPHV

アウトランダーPHVにダブルダイヤキーパー施工

そのアウトランダーのお引渡しが終わった日の午後、BMW2002という1970年代の旧車がご来店されました。
この年式の車を見る機会などほとんど無い当店スタッフは興味津々。他のお客様も遠目に見学されていました。

BMW2002

BMW2002にクリスタルキーパー施工

作業させて頂いた内容はクリスタルキーパーのコーティング。

ボディ研磨もお考えだったようですが、車を買った時に研磨されていたようで、これ以上磨くと塗装を傷める可能性がありました。
ですから、しっかりと汚れを落とし、コーティングが定着するように下地をキッチリと作ってからクリスタルキーパーをコーティングしました。

いかにキーパーコーティングが高性能であってもカーコーティングは下地の塗装が柔らかかったりスカスカだったりするとしっかり定着ません。塗装が無くなっていてもキレイに仕上がりません。ある一定以上の塗装の良質さが求められます。

だからと言って経年車、古い年式の車にはコーティングできないのかと言うとそうではありません。その塗装の状態を確認して正しい施工をすれば大抵の車は美しくなり、長くキレイを楽しめます。

BMWのオーナー様にもこの美しさにお喜び頂けて良かったです。

DSC_0046_2630

DSC_0031_2619

とはいえ、新車のうちに塗装が傷まないようにコーティングしておくのが一番!

新車登録から6か月以内なら新車割引が使えます。

長くキレイを楽しめるキーパーコーティングをぜひキーパープロショップ林堂店で!!

皆様のご予約、ご来店お待ちしております。

新車施工続々

新車施工が続々

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

人気のサイドメニュー。

ボディだけでなく、窓ガラス、ヘッドライト、ホイールなど、様々な箇所にコーティングをすることが出来ます。もっとキレイで汚れにくく。キーパーコーティングと一緒に人気のサイドメニューをどうぞ!