屋外駐車と屋根付き、もしくは屋内駐車での車の傷み具合は随分違います

車の汚れや塗装の傷み具合は、その車に乗る頻度だけでなく普段の駐車環境に大きく左右されます。

カーコーティングは美観を保つだけでなく塗装の代わりになって傷んでくれる役割を担っています。
1年間耐久とか3年、5年耐久と言われるカーコーティングはその間、ゆうに塗装を守ってくれるという事です。

それが屋外駐車の車なら1年耐久と言われるコーティングも、屋内でシャッターのある車庫で保管されていれば雨風や紫外線にさらされる事が少ないので2、3年はずっとキレイでいられます。

今回施工させて頂いたクラウンアスリートは2年前に車検と一緒にクリスタルキーパーをコーティングしていました。1年間ノーワックス・ノーメンテナンスと言われるクリスタルキーパーも車庫保管されている車なら2年経過してもまだまだ強いはっ水を維持していました。
しかし「車検して、あと2年は乗るし、せっかくだからキレイにしておきます。」という事でクリスタルキーパーのリピート施工をさせて頂きました。

キレイに見えていたクラウンも新しい被膜を塗り替えると透明感抜群の仕上がりです。

クリスタルキーパーのリピート施工

クリスタルキーパーのリピート施工

完全にコーティング被膜が無くなってからよりもまだコーティング被膜が残っているうちに塗り替える方がクリスタルキパーは効果的です。下の図のようにクリスタルキーパーはコーティング被膜を塗り替えると言っても全部の被膜をごっそり取り除いて塗り替えるわけではなく、70%から80%程度の被膜を取り去り、新しいクリスタルキーパーの被膜を造り出します。ですから、再施工時は厚みが増し、よりツヤも上がるんです。

1年に1回の繰り返し施工

1年に1回の繰り返し施工

この原理でこちらのクラウンアスリートの艶は増しました。

BMWミニクロスオーパーのクリスタルキーパーリピート施工

もう一台、ご紹介します。
こちらのミニクロスオーバーも2回目のクリスタルキーパー施工です。
新車の頃に初回施工しております。
初回施工から1年と少し経過していますが塗装の状態は上々。
普段の駐車環境はカーポートの下です。

やはり、屋外での保管より長くキレイを保てているようです。
まだ、艶もはっ水も十分残っていましたが再施工する事でコーティングの厚みが増し、艶もアップしました。

クリスタルキーパー

BMWミニクロスオーバーのクリスタルキーパー2回目施工

屋外駐車でもご安心を!十分な耐久性を持っています。

では、屋外駐車の環境なら1年持たないのか、というと全くそうではありません。
クリスタルキーパーはノーメンテナンスでもゆうに1年以上の耐久性を持ちます。
ずっとキレイに乗りたい方のために1年に1回のリピート施工をおすすめしています。
ですから1年ちょうどでコーティングが無くなってしまうという事はほとんど無いとお考えください。

またキレイにしたい!というタイミングで再施工してください。

再施工のベストなタイミングは1年です。

お客様が忘れないように1年経つ頃に当店からDMが届きます。
DMハガキが届いたらまたご来店ください。

 

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

人気のサイドメニュー。

アラカルト
ボディだけでなく、窓ガラス、ヘッドライト、ホイールなど、様々な箇所にコーティングをすることが出来ます。もっとキレイで汚れにくく。キーパーコーティングと一緒に人気のサイドメニューをどうぞ!