リピート施工の作業時間は初回施工時より短くコーティングできます

クラウンに今回で2回目となるクリスタルキーパーの施工をさせて頂きました。

1年間、クリスタルキーパーのガラス被膜で守られていた塗装の状態は良好。2回目の施工となる今回は古いコーティング被膜を除去して塗り替えるとう作業となります。初回施工の時は汚れ落としや塗装面の下地処理をするのに時間がかかりますが、2回目以降のクリスタルキーパーは基本的にコーティングの塗り替えです。初回施工時よりも作業時間は短縮されます。その分、料金も割引しております。それでいて、初回施工時以上に美しくなります。

クラウン

割引きされた分を他のオプションにまわされる方も多いです。

今回は窓にフッ素ガラスコーティングとホイールにはホイールコーティングを施工させて頂きました。

窓ガラスへのフッ素ガラスコーティングの作業の中には油膜取りも含まれています。キッチリと窓の汚れをクリーニングしてからフッ素ガラスコーティングをするとコーティングの定着が良く長持ちします。さらに視界はクリア!雨の日の運転が格段にラクになります。ご自身で窓ガラスのはっ水加工をして雨の日や夜に、逆にギラギラして見にくくなってしまったという経験をした方はたくさんいらっしゃると思います。それは油膜などの汚れを取り除かずに塗ったかコーティング剤が均一に塗りこめていない可能性があります。プロの施工する窓ガラスのコーティングは一味違います。

油膜取り

ホイールにもコーティングすると洗うのがラク!汚れが付きにくい、美しい!というメリットがたくさん。

ホイールコーティング

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

過剰なまでの美しさEXキーパー

新車を超える艶。息を吞む、過剰なまでの美しさ
EXキーパーは、塗装の上に透明なベールを纏ったような、
それはもう「過剰(EXCESS)と呼ぶほどの圧倒的な艶を作り出しました。
車の塗装が持っている美しさを引き立てるだけでなく、
コーティング自体が存在感を持つ、車史上初めての美しさです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA