ポリマータイプのクリスタルキーパーは傷んだ塗装を埋める事が出来るんです

1年間ノーワックス・ノーメンテナンスのボディガラスコーティング「クリスタルキーパー」は塗装面が傷んでしまっているお車用にポリマータイプもご用意しております。

ガラスタイプのクリスタルキーパーが主流の昨今なのですが、ポリマータイプガラスタイプに劣らず美しい艶を出す事ができます。

ポリマータイプをおススメするお車

ポリマータイプをおススメするのは経年車や濃色車で塗装表面が荒れている場合です。

ガラスタイプもある程度、荒れた塗装に施工可能なのですが仕上がりの良さから言うとポリマータイプの方が塗装に合っています。

今日はハイゼットカーゴにポリマータイプのクリスタルキーパーを施工させて頂きました。

価格はガラスタイプと同じです。

ザラザラしていた塗装もツルツルの仕上がり♪

オーナー様にも喜んでいただけました。

そして、もう一台クラウンにはガラスタイプのクリスタルキーパーを施工させて頂きました。

実は、いとこ同士でのご来店。

ありがとうございました!

ガラスタイプとポリマータイプの違いは艶。

ガラスタイプはしっとりと水で濡れたような艶なのに対してポリマータイプは新車の塗装のような艶になります。

ポリマーというのは車の塗装と同じような物質なので塗装面が荒れていてもそれが改善されて美しくなるのです。

それに対してガラスタイプは塗装とは異質。なのでコーティングすると明らかに艶が上がります。

特にキーパーコーティングでは顕著にそれがわかります。

 

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

圧倒的な艶ダブルの威力Wダイヤモンドキーパー

圧倒的な艶ダブルの威力。
Wダイヤモンドキーパー。
ガラスの層が2倍【ガラス、ガラス、レジン】の3層からなるコーティング。
ガラスの層がたっぷり2倍ある事でツヤや防汚能力も強化された被膜を形成します。
3年ノーメンテナンス、1年に1回のメンテナンスで5年耐久。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA