ヘッドライトの黄ばみをキレイにするメニューのご紹介です。

投稿日:2013年5月2日 | カテゴリー:ヘッドライトクリーン&プロテクト施工事例

ヘッドライトが黄ばんで見栄えが悪くなっていませんか?

見栄えだけでなくヘッドライトが曇っていると光量が十分でなくなり夜の運転が危険です。

近年のヘッドライトはポリカーボネートと呼ばれるプラスチックのような素材が使われています。

これらが紫外線などで傷んで黄色くなってしまします。ヘッドライトの交換はとても高額です。

これらの黄ばみを透明になるまで磨き込み、新たにハードコートをコーティングするヘッドライトクリーン&プロテクトメニューをご紹介します。

こちらは磨く前の傷んだヘッドライト。色んな角度から撮影しました。

DSC_0565

DSC_0559

DSC_0560

 

DSC_0566

 

これらを丹念に磨きあげ、コーティングすると下のようにキレイになります。

DSC_0572

DSC_0573

DSC_0579

DSC_0581

DSC_0583

DSC_0584

 

ヘッドライトの素材の奥まで傷んでしまったひび割れは除去できませんでしたが、荒れた表面は研磨され、透明感を取り戻す事ができました。

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

圧倒的な艶ダブルの威力Wダイヤモンドキーパー

圧倒的な艶ダブルの威力。
Wダイヤモンドキーパー。
ガラスの層が2倍【ガラス、ガラス、レジン】の3層からなるコーティング。
ガラスの層がたっぷり2倍ある事でツヤや防汚能力も強化された被膜を形成します。
3年ノーメンテナンス、1年に1回のメンテナンスで5年耐久。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA