コーティング車の洗い方【実践編】

カーコーティング車の洗い方を説明致します。

1、泡作り

まずは中性のシャンプー洗剤をバケツに適量入れます。キャップに1,2杯分くらいで1台十分に洗えます。

洗剤をバケツに入れる

洗剤をバケツに入れる

キャップ1、2杯分のシャンプー洗剤

キャップ1、2杯分のシャンプー洗剤

シャンプー洗剤にシャワーをかけて泡立てます。

DSC_0188_1849 DSC_0189_1850

十分泡が出来たら準備完了

天井を洗うために使う脚立も準備しておきましょう。

DSC_0194_1853

2、タイヤを洗う

次にタイヤとホイールを洗っておきましょう。ボディがキレイになってもタイヤとホイールが汚れていると車は引き締まりません。ボディより先にタイヤとホイールを洗っておくとボディに後から汚れが付かなくて合理的です。タイヤブラシに先ほど作った泡を付けて軽く3周くらいブラッシンしましょう。ホイールはホイール用のスポンジなどで洗います。

DSC_0193_1852

3、ボディを水で濡らす、冷やす

洗車は直射日光の当たらない場所や曇りの日にする事をおススメします。暑い日に直射日光を浴びて車を洗うと水や泡がボディに焼き付いてシミになる事があります。

水道水でボディ全体の砂やホコリを洗い流します。全部は流れませんが水をかける事で汚れやホコリを浮かせる効果とボディを冷やす効果があります。

DSC_0190_1851

4、洗い

先ほど作った泡をスポンジですくって天井から洗いはじめます。

DSC_0195_1854 DSC_0196_1855

天井の次はボンネット、トランクを洗います。DSC_0197_1856

上面を洗ったら一旦水ですすぎます。DSC_0198_1857

次に側面を洗い、またすすぎます。

自宅で洗う時には下の写真のような純水はありませんが、キーパープロショップ林堂店ではミネラル分などの不純物を除去した純粋な水「純水」を使ってさらにすすぎます。そうする事で一切水シミをつける事なく透明感のあるワンランク上の仕上がりになります。
DSC_0203_1859

純水ですすぐ

純水ですすぐ

5、水滴減らし

プラスセーヌというクロスで水滴を一気に減らします。ボディをなでるようにプラスセーヌを引く事でボディの水滴を簡単に手早く減らす事が出来ます。

DSC_0204_1860 DSC_0205_1861

6、水切り

洗車の専門店などではコンプレッサーのエアーで車の隙間に入り込んでいる水を追い出します。自宅で水切りが出来る方は少ないと思いますが、出来るだけ隙間の水を切る事で水の垂れ跡を残さずキレイに仕上がります。純水を使用している当店では水が垂れても水の跡は固着しません。
DSC_0207_1862

7、拭き上げ

車に残っている水滴を拭き取ります。

用意するタオルは4種類。

ボディ用、窓用、ドアの隙間・タイヤ用、ホイール用。

ボディはグリーンのキーパークロス。マイクロファイバークロスなのでボディに優しく、汚れをかきとる効果もあります。

DSC_0209_1863

キーパークロスを濡らして硬く絞ります。
DSC_0210_1864

ボディ全体をキーパークロスで拭いていきます。DSC_0214_1865 DSC_0216_1866

ピンクタオルは窓用。ワイパーの下なども拭いておきましょう。

私たちはピンクタオルを窓用に使っていますが、ご自宅では窓用として1枚用意しておくと良いでしょう。DSC_0217_1867 DSC_0218_1868窓を下げてその上部も拭いておくとキレイさ倍増。
DSC_0220_1869 DSC_0221_1870

ボディを拭き終わったら、ドアのステップなども拭きます。これもステップ用に用意したタオルで拭きましょう。DSC_0223_1871

ボンネットも開けて拭くと走っても水がフロントガラスに飛んできません。

8、タイヤワックス

DSC_0225_1872

タイヤワックスを塗る前にはタイヤの水分を拭き取ってから塗りましょう。DSC_0226_1873

ホイールもホイール用に用意したタオルで拭き取りましょう。

タイヤハウスも拭いておくともっとキレイです。DSC_0229_1874

DSC_0231_1876

ダッシュボードやハンドル回りも拭いておくと気持ち良いですよね。
DSC_0230_1875

完成♪

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

人気のサイドメニュー。

アラカルト
ボディだけでなく、窓ガラス、ヘッドライト、ホイールなど、様々な箇所にコーティングをすることが出来ます。もっとキレイで汚れにくく。キーパーコーティングと一緒に人気のサイドメニューをどうぞ!