車の高性能化に伴って新車装着タイヤがすごくなった

先日社内でタイヤの勉強会を実施しました。

最近新商品が続々と発売されているので、新しい知識を身につける為にブリヂストンさんにお願いして開催した勉強会です。

色んな情報も聞けて目からウロコでした。

タイヤのトレンドは省燃費です。

いかに省燃費に走れるタイヤを作るか。

今はこれが一番の売りとなっています。

最近発売されている新車もそういう傾向にありますよね。

今、一番売れている車はトヨタのアクアです。

アクアは世界一の省燃費な車です。

そのアクアも色んな要素を積み重ねて省燃費を達成しているのです。

ハイブリッド機構の進化もそうですが、軽量化、空力もそうです。

そしてどれもが現状で最高の省燃費を達成できるレベルまで達した時に最後に目をつけたのがタイヤです。

一昔前の新車に装着されているタイヤはどんな種類のものがついていたかご存知ですか?

高級車は別として、一般的な多くの車の新車装着タイヤといえば各メーカーの一番下かそれに近い低いグレードのモノが採用されていました。

これはコストを抑える為だと思います。

しかし、アクアの新車装着タイヤは違います。

ブリヂストンのエコピアEP25という上位グレードの省燃費タイヤが採用されています。
http://www.bridgestone.co.jp/personal/tire/equipment/ecopia.html

プリウス専用のタイヤエコピアEP001Sなども売られている時代です。

車の省燃費を突き詰めるとタイヤにまで行き着いてしますんです。

車が高性能になったからタイヤにも高性能を求めるようになったのだと思います。

逆に言うとプリウスやアクア、その他多くの最近の新車にはそのような高性能なタイヤが装着されていてこそ本来の性能を発揮するとう事なんです。

安い輸入タイヤを付けているとタイヤが車の性能に負けてしまうんです。

せっかく高性能な車に乗っていても乗り心地が悪く、タイヤが早く減って、燃費も悪いとう可愛そうな事になってしまいます。

高性能で省燃費なタイヤほど長持ちします。

安いタイヤを買って早く買い換えるか、少し高くても高性能なタイヤを買って長持ちさせるか。しかもそこへ快適で安全という付加価値も付いて来るんです。

価格は性能に比例します。

安いタイヤを否定するのではありません。予算が無い、あと少ししか乗らないから、という理由でそういうタイヤを選ぶのも良い事だと思います。

どんなタイヤが良いんだろう?タイヤって何でもいっしょかな?と思っている方には私は絶対高性能なタイヤをオススメします。

ぜひ当店のタイヤアドバイザーに相談してください。

いろんなタイヤの知識と技術の引き出しを持っています。

コーティングや洗車だけではありません。林堂SSのスタッフは車全般をサポートします。

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

人気のサイドメニュー。

ボディだけでなく、窓ガラス、ヘッドライト、ホイールなど、様々な箇所にコーティングをすることが出来ます。もっとキレイで汚れにくく。キーパーコーティングと一緒に人気のサイドメニューをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA