他メーカーのコーティングメンテナンスも賜ります

普段、ご自身で面倒なコーティングメンテナンスをされている方や全くメンテナンスをされていない方、当店で出来ます。 マークX

キーパーコーティング以外のボディガラスコーティングやポリマーコーティングを施工されている場合、ほとんどの方がメンテナンスをせずに乗っておられるか、ご自身でメンテナンスをされている事かと思います。

「これがメンテナンスキットです」と言って施工時にディーラーさんや施工店さんから渡された箱がトランクに積んだままになってしまっているのをよく見かけます。

カーコーティングはメンテナンスを定期的にするとずっとキレイが続きます。
年に一回ぐらいで大丈夫です。
でも、それって意外と面倒。
やり方がわからない方も多いようです。

そのメンテナンスを当店ではキーパーコーティングのメンテナンス方法で施工させて頂いています。

メーカー保証があるコーティングに関しては保証対象外になる可能性はありますのでその点はご了承ください。

ですが、キーパーのメンテナンスをすると今以上にキレイになるし、水シミも付きにくくなるのですから何も問題は無いのではないでしょうか。

ディーラーさんの保証の基準値は光沢。次のように意外と曖昧な表現で保証していたりします。

保証は施工時の塗装の光沢状態から明らかに光沢が劣化していると認められた場合に不具合箇所を施工時直前に復元する事を原則としています。

ある一定以下の光沢になってしまった場合保証しますというものです。

この光沢の基準値は意外と低いので普通に乗っていればそこまで光沢が落ちる事が無いのも実情です。ですから、保証を効かせて再施工してもらったという事例を私は知りません。

さて今回、他メーカーのコーティングのメンテナンスを施工させて頂いたお車は黒のマークX。
「ずいぶん、洗ってないんですよ。メンテナンスもできますか?」という事でしたのでダイヤモンドキーパーのAメンテナンスをご提案致しました。
元々施工されていたコーティングはガラス系でしたので同じガラス系のメンテナンスをおすすめしました。
汚れを落とした後、もう一層多くコーティング被膜を作るダイヤモンドキーパーのAメンテナンスです。
色に深みが出て水シミも防いでくれます。

DSC_0431_537

ボンネットへの景色の映り込みが凄いです。

DSC_0432_538

色んなメニューを取り揃えています。 車をキレイにしたい時はいつでもご相談ください。    

最新のメニュー「コーティングケア」のご紹介

2014年11月ごろ、キーパーコーティング以外のボディガラスコーティングを施工しているコーティングのお手入れメニューとして「コーティングケア」が発売されました。

コーティングケアは今あるガラスコーティングの皮膜を傷める事なく、撥水を阻害しているミネラル分の汚れの膜だけをそっと優しく除去するメニューです。

今現在(2016年3月)、他メーカーさんのコーティングのお手入れはこちらのコーティングケアがベターかと思います。

ぜひご検討ください。

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

人気のサイドメニュー。

ボディだけでなく、窓ガラス、ヘッドライト、ホイールなど、様々な箇所にコーティングをすることが出来ます。もっとキレイで汚れにくく。キーパーコーティングと一緒に人気のサイドメニューをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA