お手頃価格のピュアキーパーも実はこんなに高性能!

3か月に1度、洗車と一緒に繰り返し施工すると、どんどん塗装のキレイが増して行き被膜が強くなっていくポリマーコーティング「ピュアキーパー」

キーパーコーティングの中で一番リーズナブルでキーパーコーティングの基本形となっているピュアキーパー。

今回はこのピュアキーパーの実力をご紹介します。
赤いボディのオペル・アストラ。実はこちらのお車、施工前は白っぽく色あせていました。

オペルアストラ

ピュアキーパーを施工して真っ赤にキレイに仕上がっています。
こちらのアストラのオーナー様は事前に当店に相談に来てくださっていました。
板金塗装をした部分が濃い赤でキレイになったので他の部分と色の差が出てしまったのです。
赤いボディは特に紫外線で焼けやすく色あせが目立ちます。
そのような場合、塗装と同質のポリマー成分をコーティングすると塗装面に埋まりこみ、つるんとした平滑な塗装面を作り出す事が出来るんです。

この正面の角度から見ると均一な赤に見えますが少し斜めから角度を変えてみるとまだ色にムラがあります。

DSC_0675_1246

これは仕方の無い事で、ある一定以上の塗装の膜厚がなければ本当に均一な仕上がりにはなりません。

繰り返しピュアキーパーを行えばどんどん塗装面は改善されていきます。
このピュアキーパーをポリシャーという機械で高密度に塗りこめばさらに均一な仕上がりとなります。
さらにレジン被膜を塗りこみ2層にすると色に深みが増します。

傷んだ塗装もピュアキーパーにかかれば、このように復元されます。

しかし、傷んでしまう前にコーティングで保護しておけばそのような心配もいりません。

新車を買ったら、中古車を買ったら、まずコーティングされる事をおススメします!
車の価値を守る為にコーティングが塗装の代わりになって傷んでくれます。
コーティングは美観を保ちながら塗装を守ってくれています。

もし、まだコーティングをされていないのなら今からでも始められます。
塗装が無くなってしまわないうちに、色あせないうちにコーティングしておきましょう。

こちらのセレナは経年車。手洗い洗車で来店してくださったお客様の車です。洗車よりキレイなメニューとしてピュアキーパーをご案内致しました。艶が良くなり、オーナー様にはとても喜んでいただけました。

ピュアキーパーは洗車で取れない汚れもスパッとキレイにできるんです。

DSC_0613_1224

こちらのタントカスタムは新車。

当店で他の車にもダブル・ダイヤやクリスタルキーパーを施工してくださっているお客様です。
「このタントは本当に使用頻度が高いから定期的にお手入れしたいんです。」というオーナー様のご要望にお応えできるメニューとしてピュアキーパーをご提案しました。

DSC_0556_1204

どんな車の塗装にもピッタリです。

車の乗り方に応じてベストなコーティングをご提案致します。

ぜひご相談ください。

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

過剰なまでの美しさEXキーパー

新車を超える艶。息を吞む、過剰なまでの美しさ
EXキーパーは、塗装の上に透明なベールを纏ったような、
それはもう「過剰(EXCESS)と呼ぶほどの圧倒的な艶を作り出しました。
車の塗装が持っている美しさを引き立てるだけでなく、
コーティング自体が存在感を持つ、車史上初めての美しさです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA