N-BOXにダブルダイヤキーパー施工

ダイヤモンドキーパーはノーメンテナンスで3年耐久のボディガラスコーティングです。

1年に1回のメンテナンスを実施すると5年耐久。
本当に5年間、凄い艶と撥水を楽しむ事が出来ます。

コーティングの耐久年数を過ぎた時の選択肢、みなさん、どうされていますか?

  1. コーティングし直さずに、そのまま乗り続ける
  2. もう一回コーティングのメンテナンスをしてみる
  3. この先何年乗るかわからないので1年耐久のコーティングをする
  4. もう一度同じコーティングをする
  5. 今までのコーティングが良かったので、もっと良いのを施工する

この他にもあるかもしれませんが、何らかのキーパーコーティングを施工された事のある方が再施工に選ばれるコーティングは前回のコーティングと同等か、ワンランク上を選ばれる事が多い傾向にあります。クリスタルキーパー(1年耐久)を繰り返していた方はダイヤモンドキーパー(3年ノーメンテナンス)。ダイヤモンドキーパーを施工していた方はそれ以上のダブルダイヤキーパーなど。

今回ご紹介するN-BOXは5年前にダイヤモンドキーパーを施工して1年ごとにコーティングのAメンテナンスを実施していたお車です。定期的にお手入れしていてただけあり、水シミも無く、ピカピカの状態でした。

ですが5年経過すると気になる洗車キズや小傷なども増えて来ます。

今回、再施工するにあたってオーナー様が気にされていたのはその点です。

洗車キズは塗装の厚みを変える事の無い安全な磨き「軽研磨」を行えば目立たなくなります。
今回選ばれたコーティングは軽研磨がセットになったダブルダイヤキーパー
ダブルダイヤキパーは、ガラス皮膜2層とレジン皮膜からなる3層構造。キーパーコーティングの中で一番美しく仕上がるコーティングです。

N-BOXにダブルダイヤキーパー施工

その仕上がりにオーナー様も「ダイヤモンドキーパーよりキレイですね!」

とお喜び頂けました。

気になる洗車キズも目立たなくなり、ピカピカ。

オーナー様、この度もご利用ありがとうございました。
次回、点検洗車でのご来店お待ちしております。

 

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹専務/株式会社ヤスカワ

キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの専務。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは専務ですが現場でバリバリ働いています。