車を買って5年経過したら、もう一度コーティングしなおしましょう

最近でこそ1年間ノーワックスのボディガラスコーティング「クリスタルキーパー」という新しい感覚、間隔のキーパーコーティングが開発されて人気を博していますが、昔は5年間ノーワックスをうたったカーコーティングがほとんどでした。その耐久性の目安も過ぎたという事で再コーティングをさせて頂きました。

選ばれたコーティングメニューはダイヤモンドキーパーフルコース。5年耐久、最高の艶と光沢のボディガラスコーティング。そしてフルコースは経年車をリフレッシュするのに最適なトッピングを盛り込んだお得なセットメニューです。

ウィッシュ

キレイに乗られているお車でしたが、そろそろ一回コーティングをやってリフレッシュしたいという事でご相談いただきました。ご検討されていたコーティングはクリスタルキーパーとダイヤモンドキーパー。当店では人気のツートップです。

まず、オーナー様が気になられていた事はクリスタルキーパーとダイヤモンドキーパーの被膜の違いです。これはよくある質問の一つです。一番の違いはベースとなっているガラス被膜の密度が違うという事です。クリスタルキーパーはダイヤモンドキーパーに比べてガラス被膜の密度が粗く、ダイヤモンドキーパーの方がギュッと分子が詰まった被膜となっています。その違いは耐久性として現れてきます。もちろん、光沢も色艶もダイヤモンドキーパーの方が深いです。しかし、この色艶などは見比べなければわかりません。クリスタルキーパーも本物のガラスの光沢をもっており、他メーカーのガラスコーティング以上に深い艶を醸し出しています。

ダイヤモンドキーパーのガラス被膜は空気中の水分と長い時間をかけて反応させ、硬化します。それに比べてクリスタルキーパーは直接水と反応させて一瞬でガラス被膜を形成させます。この違いが密度の違いとなって来ます。もちろん短時間で仕上がるクリスタルキーパーの方が価格的にリーズナブルになるわけです。

作業工程もダイヤモンドキーパーは下地処理に時間を要します。ガラス被膜が5年間しっかりと密着してくれるように塗装表面を平滑に磨き上げます。磨かない部分はマスキングテープなどで保護。ポリッシャーで軽研磨を行い、機械の入らない箇所は手で丁寧に磨き上げます。

ウィッシュのマスキング

そして仕上がるとえも言われぬ美しさ。

美しさの表現は本当に難しい。透明感のある、厚みのある、しっとりと濡れたような、美しさ。言葉では表せませんね。

これは仕上がった状態を見て感動して頂くしかありません。

ウィッシュのオーナー様にもとても喜んでいただけました。おそらくほとんどの方の想像を超える美しさだと思います。コーティングが完成した車を引き渡す時のお客様の反応は大抵そうです。

ウィッシュ

DSC_0400_518

これでお手入れも格段にラクになります。

各所にオーナー様の思い入れを感じるカスタマイズが施されたウィッシュ。これでまた一段と愛着を持って乗ってもらえる事と思います。普段のお手入れでもご利用いただけるという事でした。

このたびはご利用ありがとうございました。

またのご来店お待ちしております。

 

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

人気のサイドメニュー。

ボディだけでなく、窓ガラス、ヘッドライト、ホイールなど、様々な箇所にコーティングをすることが出来ます。もっとキレイで汚れにくく。キーパーコーティングと一緒に人気のサイドメニューをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA