車の乗り換え、増車の時でもコーティングは専門店でリピート

数年前、MR2にクリスタルキーパーを施工させて頂いたお客様が増車されたという事でご来店くださいました。

MR2をコーティングされてから5年近く経過します。
「もうMR2の方はコーティングが効いていないと思うけど、ずいぶん長くキレイで効果はありましたよ。」
とご好評いただけていました。

こちらが以前施工したMR2
ナンバープレートを隠すキーパープレートを見て頂くと分かる通り「キーパー」の表記が「Keeper」ではなく、まだ「Keepre」だった頃にコーティングしたお車です。
このMR2の写真は以前、書いていたブログのページで見つける事が出来ました。
そのページはこちら→http://tennis-k.at.webry.info/201005/article_6.html
興味のある方はぜひ読んでみてください。

MR2

MR2

今回は中古でマークXを購入されたという事でご来店くださいました。
中古車とは言って、もとても程度の良いお車です。
オーナー様は「今度も長く乗ろうと思っているからコーティングも長持ちするダイヤモンドキーパーにします。」という事でダイヤモンドキーパーと窓ガラス全面にフッ素ガラスコーティングを施工させて頂きました。

ダイヤモンドキーパーとクリスタルキーパーの違いはベースとなるガラス被膜の違いです。
ダイヤモンドキーパーは厚みのある高密度なガラス被膜を何時間もかけて空気中の水分(湿気)と反応させて硬化させます。この被膜は通常のボディガラスコーティングの厚みの50倍(1ミクロン)を超えます。それだけでなく、塗装面の微細なキズや凸凹を埋めて被膜表面を厳密に平らにして異次元の艶を出すことが出来るんです。

それに対して1年間ノーワックス、ノーメンテナンスのクリスタルキーパーは液体の水の上から塗り、瞬間的に硬化させるので、ガラス被膜の密度はダイヤに比べると比較的低くなります。その厚みも半分程度です。

コーティングのトップコートとして塗布されるレジン被膜はダイヤもクリスタルも同じです。

dia-pic01

いずれのコーティングも2層構造のハイブリッドコーティングなので強い防護力を持ちボディガラスコーティングの弱点と言われていた水シミの固着を防ぐ事が出来ます。

ダイヤモンドキーパー・マークX

ダイヤモンドキーパー・マークX

DSC_0039_1522

DSC_0040_1523

DSC_0046_1525

分厚いダイヤモンドキーパーの被膜は美しいだけでなく、塗装が傷むのを防いでくれます。
汚れにくくなり洗車の回数が減りますし、普段のお手入れもカンタン。
水洗いだけでサッとキレイになってしまします。

万が一、取れない汚れがあれば専門店である当店のようなキーパープロショップは持っていけば解決してくれます。

今回施工されたダイヤモンドキーパーはノーメンテナンスでも3年の耐久性を持っています。

1年に1回程度の定期的なメンテナンスをすれば5年は十分もちます。
被膜が残っているというレベルではなく、本当にキレイを楽しめるレベルでの耐久性を有しています。

こちらのお客様も、これから長くキレイを楽しんでくださるだろうと思います。

オーナー様、今回も当店をご利用いただき誠にありがとうございました。
次回、点検洗車でのご来店お待ちしております。

 

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

人気のサイドメニュー。

ボディだけでなく、窓ガラス、ヘッドライト、ホイールなど、様々な箇所にコーティングをすることが出来ます。もっとキレイで汚れにくく。キーパーコーティングと一緒に人気のサイドメニューをどうぞ!