本日は先日クリスタルキーパーを施工させて頂いたアウディA4のご紹介です。

お客様のご要望

車の上面、天井やボンネット、トランクの上に水シミがあるので磨いて消したいというご要望がありました。
仕上げのコーティングとしてピュアキーパー
という感じでオーナー様は考えておられました。

現車の確認

実際に車を一緒に拝見してみると、

「キレイじゃないですかー。」

思わず言ってしまいました。
普段からのお手入れの良さが分かるアウディA4。

でも、シミの見えやすいLEDの光源を当ててみると見えます。

普段の駐車環境は屋内。
お手入れにはスプレータイプのコーティング剤を使われていたそうです。
洗車も手洗い洗車をずっと続けていたそうですが、最近洗車機に入れてしまい、それ以降ずっと洗車機を使っているそうです。
その事もあり、洗車キズも気になり始めたという事でした。

ご提案

まず、私がご提案したのは「ホワイトピュアキーパー」と「クリスタルキーパー

これらのコーティングの下地処理の時に汚れや軽い水シミが安全に取れる処理をします。
オーナー様には、その下地処理を部分的にして、実際にどうなるのかを見てもらいました。
そして、どのような方法で施工を進めるのかを相談しました。

一番キレイに仕上がる方法は「復元鏡面研磨を行い、塗装のあつみを減らしてでも水シミを削りとり、クリスタルキーパーやダイヤモンドキーパーをコーティングするというやり方です。」
しかし、塗装を傷めるような研磨は出来るだけしたくありません。

軽研磨という塗装のあつみが変わらない安全な磨きもありますが、それでは水シミは完全には消えません。少し薄くなるレベルです。

磨きをするほど水シミが目立っているわけではないのでクリスタルキーパーの下地処理で水シミを軽減し、クリスタルキーパーをコーティングすれば水シミが見えないほどの美しさに仕上がると考えました。

オーナー様も、プロにお任せします。という事でクリスタルキーパーを施工致しました。

では、その仕上がり具合をどうぞ!

仕上がり

アウディA4にクリスタルキーパーを施工

アウディA4にクリスタルキーパーを施工

アウディA4にクリスタルキーパーを施工

とても美しい仕上がりです。

オーナー様にも「色が濃くなったみたいですね。お願いして良かったです。」

とお喜び頂けました。

まとめ

お客様の気になる箇所をお聞きして、相談しながら進めていくと、より納得のいく仕上がりになります。
「このコーティングをしよう!」とお考えだった事と私達がご提案する方法とをすり合わせて考える事で、「なるほど、そういう方法があるんだ!」と納得してもらえると思います。

「実際にこういう方法で施工します」と見てもらえると、お客様の「本当に、それでキレイになるのかな?」という不安も解消されますよね。

ゲストルームにはコーティングブース内や洗車場を映したモニターがあります。
屋外にもベンチがあるので、そこから施工作業が見えます。
さらにコーティングの施工作業に興味のあるお客様はコーティングブース内で見てもらう事も可能です。
施工作業中には色んな質問がプロスタッフに飛んできます。そのやりとりも一つの楽しみです。
実際に自分の車がキレイになっていく様子を見るのは本当に楽しいです。
全ての作業をオープンにしていますので安心して任せてもらえます。

最後に「やって良かった」と思って頂けるのが最高の誉め言葉です。

オーナー様、この度はご利用ありがとうございました。
またのご来店お待ちしております。

見学

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹専務/株式会社ヤスカワ

キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの専務。

サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは専務ですが現場でバリバリ働いています。