キーパープロショップ林堂店では担当する一人のプロスタッフが1台をまるごと施工する事が基本となっています。

一台1人真剣集中

一台1人真剣集中

1台の車を何人もよってたかって施工すると作業の抜けやコーティングのムラ、拭き残し、などの品質低下につながるからです。

1台の車の形状、特有の汚れ、などに合わせて1人で車に向き合って作業を進めます。

コーティングの基本作業時間は決められており、その時間をオーバーするような施工はしていません。
例えばMサイズのお車に1年耐久のクリスタルキーパーを施工する場合、洗車からはじまり、下地処理、ガラスコーティング、レジンコーティング、仕上がり確認までの時間は2時間30分以内。オプションの作業が増えると、その作業分、時間が加算されます。

上手なスタッフほど無駄のない動きで早く仕上げます。
動きが早いのではなく、「作業に無駄がない」というのが正しい表現です。
同じところを何度も拭いたりしません。決まった施工方法、順番でいつも通りに施工します。
見ているとゆったりと、ゆっくりとした動きでやっているように見えても、作業が完成すると早い。
という感じです。

お客様に「ゆっくりとキッチリやってね。」と言われる事がありますが、ゆっくり施工すると逆に集中力が途切れ、品質が落ちやすいのです。

ゲストルームでコーティングが仕上がるまでお待ちになるお客様もいらっしゃいます。
「完成しました。」とお声をかけると「え?!もうできたの?」とビックリされます。

土日祝はお客様の来店が集中して作業時間が遅れる事はありますが、基本的には決まった時間内にコーティングは仕上がります。

昨日も、今日も、ずっとコーティングや洗車の作業をする時は一台1人真剣集中です。

ピュアキーパー40分

ピュアキーパー約40分

ダイヤモンドキーパーSサイズ6時間

ダイヤモンドキーパーSサイズ6時間

1人が1台を責任を持って仕上げます。
二人で1台を施工する訓練もしていますが、基本的には一台1人真剣集中です。
作業のヘルプに入る時は「タイヤワックス入ります!」と声をかけての作業分担です。

全ての車、責任を持って一台一台をきっちり仕上げています!

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹専務/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの専務。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは専務ですが現場でバリバリ働いています。