アンダーコーティングのご紹介

コーティグは色んな所に出来るんです。

今回ご紹介するのは車の底、下回りのコーティングです。

アンダーコーティング

こちらのコーティングはガラス系ではなくワックス。ワックスと言っても普通のワックスでは耐久性が低いので超固ワックスを使用します。イメージしずらいでしょうか。文字通り、かたーいワックスです。ろうそくのロウのような感じです。

冬場は融雪剤などが道にまかれます。それらが車の底に付き、放置するとサビの原因になります。車の下回りをガッチリ守ってくれるのがアンダーコーティング。

今回は日産、エクストレイルに施工させて頂きました。

リフトアップしての作業となります。

下回りの泥や汚れをキレイにクリーニングした後、乾燥させて、超固ワックスを塗布します。

まず、タイヤを外してジャッキアップ。

DSC_0873

油汚れを落とすためにクリーナーをかけてからクリーニング。

DSC_0877

タイヤハウスもキレイにします。

DSC_0880

ブレーキキャリパーなどワックスがかかってはいけない部分はマスキング。

DSC_0882

乾燥させてからマフラー以外をコーティングします。

DSC_0888

1シーズンに1回くらいが目安です。冬が来る前に準備しておきましょう!

 

この記事を書いた人

安川寿樹
安川寿樹代表取締役/株式会社ヤスカワ
キーパープロショップ林堂店を運営する株式会社ヤスカワの代表取締役。
サッカーと野球観戦(タイガースファン)そしてテニスをするのが大好きな3児のパパです。肩書きは社長ですが現場が大好き!いつも店舗でバリバリ働いています

人気のサイドメニュー。

ボディだけでなく、窓ガラス、ヘッドライト、ホイールなど、様々な箇所にコーティングをすることが出来ます。もっとキレイで汚れにくく。キーパーコーティングと一緒に人気のサイドメニューをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA