「カーコーティング」と「ワックスがけ」とはどう違うのでしょうか。

昔は車をキレイにするなら「ワックスがけ」をするのが当たり前でした。

しかし、ワックスがけを繰り返していると全然キレイにならなくなって行く事を経験した方は多いのではないでしょうか。

それは何故なのか?ワックスがけには次のようなデメリットがあるからなのです。

  1. ワックスがけは車の塗装を傷める
  2. ワックスがけは汚れや水垢の原因になる
  3. ワックスがけはウィンドウの油膜の原因になる

艶を出す方法は昔はワックスしかありませんでした。

しかし、1980年代以降ポリマー系と言われるカーコーティングが開発され、そちらへと移行して行きました。

ワックスの主成分は油

WAXは主に蝋(ロウ)と石油系の溶剤で構成されています。簡単にいえば「」です。
塗装面にWAXを塗ると深い艶を演出することができますが、その被膜は不安定な半液体の状態で塗装面に乗っています。
そのため雨や洗車で油脂分が簡単に流出し、残った蝋(ロウ)は角質化して水垢の原因に。耐熱性も低いため、すぐに蒸発し、持続期間は約1ヶ月程度と短命です。

コーティングは分子と分子の結合体

コーティングはWAXとはまったく違います。
例えば、ポリマー系のコーティングは、シリコーンやフッ素などを含んだポリマー(高分子重合体)で構成されています。
これが塗装面に定着するとき、化学反応の一種である「架橋反応」が起こり、分子と分子が結合した強靭な被膜を形成するのです。
密度の高い網目状の被膜だから、ススや油など各種の汚染物質が進入するのをブロック! 耐熱性や耐候性もWAXの比ではありません。効果の持続期間も約3ヶ月から約1年と長い(例外もあります)のが特徴です。

人気のサイドメニュー。

ボディだけでなく、窓ガラス、ヘッドライト、ホイールなど、様々な箇所にコーティングをすることが出来ます。もっとキレイで汚れにくく。キーパーコーティングと一緒に人気のサイドメニューをどうぞ!